相続問題でトラブっているなら弁護士の力を借りよう

親や配偶者が亡くなった時

相談

必要な種類(戸籍謄本)

家族が亡くなった後、悲しみの気持ちを抱えながらも、相続など様々な手続きが必要となってきます。大阪で相続の手続きをする場合、どのような種類が必要でしょうか。様々な書類の中の一つに、「戸籍謄本」があります。死亡した方が、いつどこで生まれて、どこで生活し、いつどこで亡くなられたかが分かる戸籍謄本が必要です。最後に亡くなった(住んでいた)地域の役所に行くと、死亡したことが記載されている戸籍謄本を取得することができます。これが「死亡の戸籍」です。取得理由を書く欄がありますが、「相続のため」と書きます。この戸籍謄本が一番新しい戸籍になりますが、この書類から、死亡された方が生まれた時の戸籍までを、遡って取得することができます。ずっとその地域に住んでいたら、出生から死亡までの戸籍を同じ役所だけで取得することができます。しかし、引っ越しや結婚、離婚など、転籍することが多かった場合は、それぞれ住んでいた地域の役所で、取得する必要が出てきます。大阪市で死亡戸籍を取り、それ以前は郊外や大阪以外の他府県に住んでいたことがあるなら、その地域の役所に出向くか、もしくは郵送で送ってもらう手続きをします。出生から死亡までの戸籍謄本をすべて集めると、何通にもなりますので、おおよそ1万円くらいの費用がかかります。まずは1セットのみ取得して、相続するための機関に提出します。その後、可能な限り原本を返してもらって、また次の機関に使う、といった形にするのが良いです。それができない場合は、必要セット数を取得しておくことが必要です。大阪で相続する際に必要な情報が分からずに困っている場合は、専門家のサポートを受けることが大切です。個人で相続に関する多くの手続きを行なう際は、難しい場合がほとんどで理解するのが大変です。そのため、後からになって不備が発生してしまう事も多いのです。そのような不手際をなくし、スムーズに相続の問題を解消するためには、弁護士や税理士に相談して話しを進めると安心できます。

税金の専門家です

電卓

税理士は税金問題の専門家であり、個人事業主や中小企業の経営のサポートを行っています。顧問契約を締結する前に、依頼する業務の内容や報酬などを確認する必要があります。千葉市内には、多数の税理士が事務所を設置しています。ニセ税理士もいますので、正規の資格者であるかどうかを確認する必要があります。

トラブルを避けるために

相談

それなりの年齢になったときは、自分の死後の財産分与について考えておくことが大切です。そうすれば配偶者や子ども間での相続がスムーズに行くと思います。また法律に詳しい弁護士に相続に関する相談をするといいでしょう。大阪は評価が高い弁護士が多いと言われています。

払いすぎた利息を取り戻す

弁護士

消費者金融へ長期間返済を続けている人は、利息を払い過ぎている可能性があります。特にグレーゾーン金利という金利の上限が高かった時代にお金を借りた人は、一度自分の支払い内容を見直してみましょう。過払い金が取り戻せるかもしれないので、京都の弁護士事務所に相談してみましょう。