相続問題でトラブっているなら弁護士の力を借りよう

払いすぎた利息を取り戻す

弁護士

利息が取り戻せる仕組み

グレーゾーン金利で、消費者金融等の貸金業者と取引をされていた方は、利息を払いすぎている可能性があります。京都にお住まいで、過去にグレーゾーン金利で消費者金融からお金を借りていた、または現在継続して払い続けている方は過払い金が発生している可能性があります。京都の法律事務所に相談をすることで、払いすぎた利息を取り戻せる可能性があります。そもそもグレーゾーン金利とは、利息制限法の上限金利から出資法の上限金利である29.2%の間の金利のことです。利息制限法では、限度額に応じて15%〜20%を上限としていたいのですが、それを超える金利は違法であっても出資法では29.2%でOKでしたので、それを罰する法律もなく、グレーなままであったのです。ただし、利息制限法では上限金利を超えていたとしても、みなし弁済という規定の項目をすべて満たせば上限金利を超えても融資は可能でした。しかし、みなし弁済の条件を満たしていないまま融資を行う業者やグレーゾーン金利が違法である判決が多く出た、社会情勢などから法律が改正され出資法も利息制限法と同じ上限金利に変更されたのです。つまり、グレーゾーン金利で契約された方は過払い金の発生している可能性があります。注意しなければならないのが、既に完済をされた方です。完済から10年以上経過してしまうと時効により過払い金を請求できる権利が消滅するのです。そのため、京都にお住まいで過去に消費者金融で取引をしていた方は、早めに京都の法律事務所で過払い金の相談をすることです。