相続問題でトラブっているなら弁護士の力を借りよう

税金の専門家です

電卓

ニセ者に注意する

税理士は税金問題の専門家であり、個人事業主や中小企業の経営のサポートを行ってくれます。税理士になるには、国家資格試験である税理士試験に合格する必要があります。税理士試験は、医師免許試験、司法試験や公認会計士試験に次ぐ難易度の高い国家資格試験と云われています。税理士は、税務相談、税務署類の作成、税務代理行為などを行っています。顧問契約を締結する前に、依頼する業務の内容や報酬などを取り決めておく必要があります。企業の会計帳簿の記帳を依頼する場合には、どこまでの作業を依頼するかを事前に確認する必要があります。毎月の取引の伝票の仕訳、領収証の整理、会計ソフトへの入力、試算表の作成などを全て依頼することもできます。経理部門や会計部門の職員にある程度の簿記や会計の知識があれば、自社で会計ソフトへ入力することも可能です。月々に発生する顧問料のほかに、決算月の決算作業や申告書の作成などの際に、別途、費用が発生する場合がありますので、顧問契約の締結前の確認が必要です。税理士と称するニセ者もいますので、注意が必要です。近年のコンピュータ技術の普及から、税法、簿記、会計などの知識がなくても簡単に申告書や決算書などの作成ができます。千葉市は千葉県の県庁所在地であり、千葉県内では最大の都市です。千葉市内には、多数の税理士が事務所を設置しています。正規の税理士であるかを確認するには、税務署や税理士会へ問い合わせることで簡単に確認できます。